「賭けカード」の概念 遊戯王最初期に実在したアンティルールに関して

スポンサーリンク

【前書き】

 遊戯王における架空の闇ルールとして、「アンティルール」と呼ばれるものが存在します。

 その名の通り、実際にカードを賭けてデュエルを行い、勝者はそのカードを自分のものにできるというルールです。アニメなどではお馴染みとも言える「悪人キャラ御用達ルール」ですが、これが最初期に実在していたことは意外に知られていません。

 現在はこのルールが公式の話題に取り上げられることはなく、事実上「存在しなかったことに」されているルールでもあります。では、かつて存在していたアンティ関連の具体的なルール内容は一体どのようなものだったのでしょうか?

 この記事では、そんな謎の多いアンティルールについて解説いたします。

 

アンティルールの詳細と当時の扱い

 1999年当時において、公式に定められていたアンティルールは以下のようなものでした。

 

①:デュエル開始時にデッキトップ1枚を取り除く。そのゲーム中、そのカードは使用できない。

 

②:デュエル決着後、勝者はそのカードを自分のものにできる。

 

③:アンティによりデッキ枚数が40枚未満となった場合、サイドデッキからカードを1枚選んでメインデッキに入れる。

 

 公式ルールブック内の正確な本文は不明ですが、処理としては上記のような内容となります。当時販売されていたスターターデッキなどにもルールブックが同梱されていたことから、このルールの存在を目に入れていた方は少なくなかったのではないでしょうか。

 とはいえ、実際にアンティルールを前提にデュエルを行ってしまった場合、様々なトラブルの温床となることは火を見るより明らかです。倫理的、法的な問題ともに当時から問題視されており、基本的には存在しないルールとして扱われるケースが大半でした。

 一方で、純粋にゲームシステムとしてのみに着目すれば興味深いルールでもあることは確かです。例えば【エクゾディア】(第1期)などではこのルールの有無がゲーム面に関係し得るため、完全に無視してしまうというのもそれはそれでフェアではありません。

 (ただし、【エクゾディア】の全盛期である1999年後期ではアンティルールへの風当たりも強まっており、こうした状況に遭遇することは稀でした)

 そのため、賭けカードをセットするだけで所有者の変更はしない、いわゆる「フェイクアンティ」としてゲームが行われることはありました。あるいは手持ちのいらないカードを賭けて火遊び的にアンティデュエルを行うなど、いずれにしても本気で貴重なカードを賭け合うケースは(少なくとも私の周りでは)皆無だったと記憶しています。

 しかし、フェイクにせよ火遊びにせよ、そもそもカードを賭けるという行為自体が好ましく思われていなかったことは事実です。保護者はもちろん、外聞の悪さからショップ側の迷惑になることもあり、やはりこうしたアンティデュエルが表立って行われることはレアケースだったのではないでしょうか。

 ちなみに、このアンティルールは公式大会の場では採用されないことがほとんどでした。こうしたシステムを大々的に公式の場に取り入れることは賭博行為の推奨とも取られかねず、企業としても扱いかねるルールだったのかもしれません。

 

【まとめ】

 遊戯王最初期のアンティルールについては以上となります。

 一見するとアニメの世界の出来事にしか思えない話ですが、かつては大真面目に公式ルールの中に存在していたルールです。現在の価値観では信じがたい話であり、間違いなく今後二度と復活しないルールに該当します。

 そもそも1999年当時の時点ですら受け入れられていなかった以上、文字通り生まれてくる世界を間違えていたルールだったのかもしれません。

 ここまで目を通していただき、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク