暗黒のマンティコア襲来 無限ドローとエクゾディア

2018年3月28日

スポンサーリンク

【前書き】

 【第3期の歴史25 混沌の黒魔術師参戦 【カオス】完全体へ】の続きになります。特に、この記事では前後編の後編の話題を取り扱っています。ご注意ください。

 

【宝札マンティコアの成立 第3期先攻1キルの尖兵】

 「混沌の黒魔術師(エラッタ前)」「次元融合」の2枚の参戦によって【カオス】が更なる強化を受け、当時の環境はより一層深い混沌に包まれていくことになりました。第3期のゲームスピードの基準では信じがたいことですが、場合によっては僅か1、2ターンでゲームが終わってしまうことすら少なくなかったほどです。

 一方で、こうした【カオス】関連の話以外にも話題は起こっています。「暗黒の侵略者」に収録されていたとある1体のモンスターを軸に、非常に危険な先攻1キルデッキの開発が進み始めていました。

暗黒のマンティコア 無限蘇生ループ

 一人無限ループ生成器、「暗黒のマンティコア」の誕生です。

このカードが墓地に送られたターンのエンドフェイズ時に発動する事ができる。獣族・獣戦士族・鳥獣族のいずれかのモンスターカード1枚を手札またはフィールド上から墓地に送る事で、墓地に存在するこのカードを特殊召喚する。

 自身が墓地へ送られたターンのエンドフェイズに限り、「特定のモンスターを墓地に送って自己再生する」効果を発動できる能力を備えています。ポイントはこの効果に回数制限が存在しないことで、蘇生直後のこのカードを何らかの手段で墓地に送ることで何度でも蘇生効果を使用できます。

 もちろん、この効果を悪用することは簡単ではありません。単純に無限の蘇生コストを要求される問題に加え、エンドフェイズという限られたタイミングで「暗黒のマンティコア」を墓地に送り続けるのも厳しいものがあるでしょう。

 しかし、同名カードを用いることで比較的容易に上記のシチュエーションを再現できます。蘇生した「暗黒のマンティコア」をコストにもう1体の「暗黒のマンティコア」を蘇生し、それを繰り返すことで無限ループが成立するからです。

 もちろん、これだけでは意味のないループであり、遅延行為に該当しますが、ここに「生還の宝札」などを絡めればなんと無限ドローが成立します。このギミックを活かしたデッキこそが【宝札マンティコア】であり、第3期では死滅して久しかった先攻1キルデッキの復活でした。

 エンドカードには【エクゾディア】が搭載されることが多く、事実上は【宝札エクゾディア】(第2期)の後継デッキとなります。「処刑人-マキュラ」との併用を前提に「現世と冥界の逆転(エラッタ前)」を用いるなど、必ずしもエクゾディアにこだわる必要はありませんが、やはり無限ドローからエクゾディアを連想するのはデュエリストの本能と言えるでしょう。

 ちなみに、この「暗黒のマンティコア」は密かに第9期の【十二獣】全盛期にも多少の注目を集めており、一時期は「増殖するG」メタとして話題を呼んでいました。1発ネタであり、流石に定着はしませんでしたが、「敗因増G」として泣かされたプレイヤーも少なくなかったのではないでしょうか。

聖鳥クレイン 生けるドローエンジン

 やや方向性は変わりますが、「聖鳥クレイン」というモンスターもそこそこの優秀さを持ち合わせています。

このカードが特殊召喚した時、このカードのコントローラーはカードを1枚ドローする。

 元の場所は問わず、特殊召喚に成功した場合に無条件でカードをドローするという効果です。単体ではバニラ同然のモンスターですが、特殊召喚サポートを用意することで変則的なドローエンジンとして運用できます。

 とはいえ、コンボパーツとして考えれば小さくまとまっている印象はあり、あくまでもビートダウンの補助としての活躍がメインとなるでしょう。私個人の認識としましても、これを軸に据えたコンボデッキはあまり聞いたことがありません。

 しかし、鳥獣族モンスターであるため、上記の「暗黒のマンティコア」の蘇生コストに使用できるという強みがありました。そのため、当時の【宝札マンティコア】においてはしばしば採用候補に挙がっていたモンスターです。

 もっとも、それ以外の場所での活躍は乏しく、総合的にはあまり高い評価は受けていない状況でした。その後、【宝札マンティコア】の消滅以降はほぼ完全に活躍の場を失い、長い間不遇の扱いを受け続けることになります。

灼熱ゾンビ 出世のチャンスを2度ふいにしたカード

 しかし、そんな「聖鳥クレイン」も同期の「灼熱ゾンビ」に比べれば遥かに優遇されていたと言わざるを得ません。

このカードが墓地から特殊召喚した時、このカードのコントローラーはカードを1枚ドローする。

 「墓地からの」特殊召喚に成功した時、1枚ドローする効果を持っています。効果自体は「聖鳥クレイン」の完全下位互換であり、またステータスも全く同じであるため、事実上の下位互換カードです。

 その場合、種族や属性で差別化を考えることになりますが、様々な要因によってそれが叶わない状況に置かれていました。

 まず、ゾンビというカード名に反して種族が炎族であったというのが最大の不幸となるでしょう。仮にアンデット族であれば豊富な蘇生サポートによって実戦級のカードパワーを得るどころか、下手をすると禁止制限リストに名を連ねていた可能性すらあったからです。

 さらに、守備力が400であるために【炎属性】の切り札である「真炎の爆発」に対応しておらず、属性の強みも全く活かせていません。言うなれば出世のチャンスを2度も潰してしまっている格好であり、あまりにも勿体ないモンスターだったと言えるでしょう。

 もちろん、今後のカードプールの動き次第では浮上の機会が残されていないわけではありませんが……。

 

【当時の環境 2003年7月17日】

 【第3期の歴史25 混沌の黒魔術師参戦 【カオス】完全体へ】以降の前後編の記事内容を総括した項目となっています。ご注意ください。

 「混沌の黒魔術師(エラッタ前)」「次元融合」という最強の新人を獲得し、【カオス】が一段上のデッキパワーを得るに至っています。もはや他のデッキでは止めようがないとすら言える領域に到達しており、当時のメタゲームは完全に【カオス】一色に染め上げられていきました。

 一方で、「暗黒のマンティコア」の参戦によって【宝札マンティコア】が成立し、第3期における先攻1キルデッキの尖兵として猛威を振るい始めています。しかし、この時期はとりあえず構築可能になったという段階に過ぎず、それほど安定していたとは言えない状況です。

 しかし、この【宝札マンティコア】が思うような成績を残せなかった何よりの原因は、第3期最凶の先攻1キルデッキである【サイエンカタパ】の存在にこそありました。

 「混沌の黒魔術師(エラッタ前)」の誕生を受けてか、この頃から遂に【サイエンカタパ】のひな形が出来上がっていくことになります。デッキパーツは不足気味ですが、「魔導サイエンティスト」「混沌の黒魔術師(エラッタ前)」をそれぞれ3枚積める強みを活かして「ディメンション・マジック」を展開パーツに据えるなど、全盛期にはない独自の戦略が取られていました。

 とはいえ、生まれたばかりの赤子状態では【カオス】を押しのけるほどの強さではなく、総合的にはそれほど騒がれていなかった印象です。むしろ全盛期は「魔導サイエンティスト」が制限カードに指定された後の話であり、時期的には【カオス】が勢いを落とし始めた頃と被っています。

 こうした事情を踏まえる限り、全盛期の【カオス】【サイエンカタパ】すら抑えるほどの圧倒的な勢力を築き上げていたと言えるのかもしれません。

 

【まとめ】

 前記事と合わせて、「暗黒の侵略者」販売によって起こった出来事は以上です。

 多数の優良カードに紛れて凶悪なカードが数枚潜んでおり、【宝札マンティコア】や【サイエンカタパ】台頭のきっかけとなるなど、当パック参戦が環境に及ぼした影響は決して少なくありません。

 もちろん、【カオス】を完全体に仕上げてしまった罪も大きく、まさしくパック名の通り遊戯王に対する侵略者に他ならなかったのではないでしょうか。

 ここまで目を通していただき、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク