処刑人マキュラ 【現世と冥界の逆転】の成立

2018年2月12日

スポンサーリンク

【前書き】

 【第2期の歴史38 ファイバーポッド 狂気のリセット効果】の続きになります。ご注意ください。

 「八汰烏」や「ラストバトル!」など、遊戯王全体で見ても極めて凶悪な性能を持つカードが現れ、当時の環境は底の見えない暗黒時代に突入していくことになります。続投組の【宝札エクゾディア】【宝札ビッグバン】を合わせて多数の先攻1キルの脅威に晒されることとなり、遊戯王OCGは対人ゲームとしての健全性を著しく損なっていました。

 トーナメントレベルではともかく、一般プレイヤーにとっては勝率どうこうの問題ではありません。「ジャンケンに負けたらそのまま負ける」可能性が存在すること自体が問題であり、「カードゲームでカードゲームが成り立たない」という状況は控えめに申し上げて異常です。

 ただし、数少ない「非先攻1キルデッキ」である【八汰ロック】もそれらとは別方面の狂気を抱えていたことは否定できません。むしろ総合力ではこちらの方が上ですらあり、その安定した強さから大会上位は当デッキで埋め尽くされていたほどです。

 地獄絵図とすら言える光景が広がる中、この状況にとどめを刺すかのようなカードが現れました。

 

【悪用されるために生まれてきたカード達】

 2001年12月20日、「遊戯王デュエルモンスターズ6 エキスパート2」とその攻略本(上巻)が販売されました。ゲーム同梱カード4種類、書籍同梱カード1種類の計5種類の新規カードが誕生し、遊戯王OCG全体のカードプールは1205種類に増加しています。

 ゲーム同梱カードは予約特典1種類、商品同梱3種類の内訳となっており、今作からカードのランダム収録システムが廃止されました。全てのソフトに同じカードが収録されるようになったため、これまでと比べて大幅にカードの入手難易度が下がった形です。

 もちろん、プレイヤーにとっては非常にありがたい変更だったことは言うまでもありません。狙ったカードを確実に入手できるようになったほか、ショップのシングル価格なども比較的安定するようになりました。

罠カードを即発動 王家の神殿

 しかし、上記ゲームの攻略本から「王家の神殿(エラッタ前)」という非常に危険なカードが現れていたことには触れておかなければなりません。

このカードのコントローラーは、罠カードをセットしたターンでも発動できる。また、自分のフィールド上のこのカードと「聖獣セルケト」を墓地へ送る事で、手札・デッキ・融合デッキからモンスターカードを1枚選択し、特殊召喚できる。

 罠カードをセットしたターンに発動できる1つ目の効果と、特殊な条件を満たすことで極めて範囲の広いリクルート効果を発動できる2つ目の効果を持っています。メインとなるのは1つ目の効果で、これが張られているだけで通常1ターンのタイムラグが発生する罠カードを即座に使用できるようになってしまいます。

 罠カードに関するルールの一部を破ってしまうカードであり、とりわけ凶悪なのは先攻1ターン目から罠カードを発動できるようになる点でしょう。言うなれば先攻1キルのお供とも言えるカードで、通常はその「遅さ」から採用されない罠カードを先攻1キルギミックに組み込めるようにしてしまうとんでもない問題児です。

 実質的にカードプールを2倍にするようなカードが悪用されないはずがなく、2006年9月1日に禁止カード指定を受けるまでの間、様々な先攻1キルデッキのコンボパーツとして猛威を振るうことになりました。

 しかしながら、この「王家の神殿(エラッタ前)」は誕生当時に限るのであれば、実はそれほど活躍の機会があったわけではありません。この時期はドローソースになりうる罠カードが「強欲な瓶」程度しか存在しておらず、わざわざこのカードを使う意義があるとは言い難い状況だったからです。

 そもそもこのカードを発動する時点でカード1枚分のリソースを失ってしまう関係上、安易に積むだけではむしろ事故要員にしかならないことは否めません。凶悪なカードであることは疑いようもありませんが、正しい使い方をしてこそ真価を発揮するカードとも言えるのではないでしょうか。

 補足となりますが、このカードは2015年に「王家の神殿.」のテキストにエラッタされて制限復帰を果たしています。そちらは罠カードの使用枚数が1ターンに1枚に制限されており、悪用を考えるのが非常に難しくなりました。

 かといって普通に使って強いカードでもなく、それを示すように次の制限改訂では無制限カードへと解放されています。今ではかつての凶悪さは影も形もなく、有り触れたカードの1枚に落ち着いている形です。

手札から罠 処刑人マキュラ

 しかし、上記の「王家の神殿(エラッタ前)」の親戚とも言える「処刑人-マキュラ」は、今なお多くのプレイヤーに恐れられている存在です。

このカードが墓地へ送られたターン、このカードの持ち主は手札から罠カードを発動する事ができる。

 2001年12月21日、つまり「王家の神殿(エラッタ前)」誕生の次の日にVジャンプの付録カードとして生まれてきたモンスターです(全1206種類)。自身が墓地へ送られたターン中、「手札から罠カードを発動する権利」を得られる効果を持っています。

 先に結論を申し上げますが、この「処刑人-マキュラ」は「八汰烏」に勝るとも劣らない凶悪さを持つ遊戯王史上最凶クラスのモンスターです。現在ではカードプールやゲームスピードの関係上、総合力では「八汰烏」の遥か上を行く狂気を内包しているとすら言えるのではないでしょうか。

 効果自体は「王家の神殿(エラッタ前)」と似ていますが、こちらは墓地へ送られるだけで効果が適用される点が尋常ではありません。単純にリソースを消費しないためデッキの回転を阻害せずに済むほか、どこから墓地に落ちても効果が適用されるという条件の緩さこそが最大の強みとなるでしょう。

 「王家の神殿(エラッタ前)」と比べて遥かに悪用しやすいことは言うまでもなく、ありとあらゆる先攻1キルデッキで脅威を振り撒いていたと言っても過言ではないカードです。規制に時間のかかった「王家の神殿(エラッタ前)」と違い、誕生から数ヶ月で制限カードに指定されていることからもその凶悪さが窺えます。

 現役時代はもちろんのこと、現在でも「苦渋の選択」に並ぶ遊戯王最凶クラスのカードとして悪名を轟かせており、エラッタなしでの規制緩和はまずあり得ないのではないでしょうか。

現世と冥界の逆転 最も凶悪なデッキ破壊カード

 そして、上記の「処刑人-マキュラ」誕生の1週間後の12月28日、週刊少年ジャンプから遂に「現世と冥界の逆転(エラッタ前)」が現れることになります。

自分の墓地にカードが15枚以上ある時、1000ライフを払い発動。お互いに自分の墓地と自分のデッキのカードを全て入れ替える。その際、墓地のカードはシャッフルしてデッキゾーンにセットする。

 墓地とデッキのカードをそのまま交換してしまうという、遊戯王全体を見渡しても類のない効果を与えられたカードです。通常の墓地送りとも処理が異なるため、この効果で墓地に行ったカードは「墓地へ送られた場合に発動する効果」を発動できないという特徴もあります。

 極めて異質な効果を持っていること、また発動条件として「自分の墓地にカードが15枚以上存在すること」を要求される都合上、普通のデッキに入るタイプのカードではありません。必然的にこのカードを使う場合は専用デッキを用意することになりますが、そうするだけの価値は十分にあります。

 相手の墓地が0枚の状態でこのカードを発動した場合、相手のデッキが0枚になるからです。

 もちろん、相手は次のドローフェイズにカードを引けず、即敗北となります。これこそが「現世と冥界の逆転(エラッタ前)」が最強のデッキ破壊カードと恐れられていた理由であり、これに特化したデッキとして【現世と冥界の逆転】が成立することになりました。特定の状況を作り上げることで勝利が確定するため、事実上の特殊勝利カードとも言える存在です。

 相手の墓地が空の状態でなければ成功しないというのは一見不安定に思えますが、ゲーム序盤、具体的には先攻1ターン目は確実に相手の墓地が存在しないため、見た目ほど達成は難しくありません。また、多少墓地にカードが残っていても「手札抹殺」などを駆使すれば削り切れる以上、明確な欠点として取り上げる必要はないでしょう。

 ただし、「現世と冥界の逆転(エラッタ前)」は罠カードゆえにタイムラグがあり、通常は相手ターンのドローフェイズ後にしか発動できない欠点があるのは事実です。その場合でも次のターンまで生き残れば勝利が確定しますが、逆にそのターン中に勝負を決められた場合は逆転を許してしまいます。

 その対策として浮上したのが上記の「処刑人-マキュラ」でした。

 これと組み合わせることで「現世と冥界の逆転(エラッタ前)」を先攻1ターン目に発動できるようになるため、上記のような僅かな隙を潰すことが可能です。元々「処刑人-マキュラ」自体が先攻1キルギミックと相性が良かった都合もあり、それほど間を置かずに必須カードとしての地位を確立していきました。

 結論としましては、この「現世と冥界の逆転(エラッタ前)」、ひいては【現世と冥界の逆転】もまた暗黒期指定がふさわしい存在であることは疑いようもありません。他の先攻1キルデッキと比べて成立条件が緩く、高い安定性を誇るというのも凶悪さを後押ししています。

 また、この時期が全盛期であったわけではなく、2002年3月21日に「Pharaonic Guardian -王家の守護者-」から「無謀な欲張り」や「太陽の書」を獲得して圧倒的な強さを手にすることになります。その勢いは凄まじく、【八汰ロック】含めて同じ暗黒期デッキを駆逐してしまったほどです。

 流石にそうした状況が見過ごされるはずもなく、およそ半年後の制限改訂で「現世と冥界の逆転(エラッタ前)」と「処刑人-マキュラ」が制限カードに指定されています。しかし、それ以降も形を変えて環境で猛威を振るい続けたため、結局のところ完全な沈黙には禁止カード指定を待つしかありませんでした。

 補足となりますが、この「現世と冥界の逆転.」は現在ではエラッタが入って弱体化しており、発動条件に相手の墓地の枚数も含まれるように変更が加えられています。カードの発動自体の難易度が上がったほか、発動後も即勝利には繋がらないなど、複数の調整が施されている格好です。

 この状態でも「轟雷帝ザボルグ」と組み合わせるなどして現役時代の光景を再現できないわけではありませんが、実用性はなく、あくまでもファンデッキレベルの話です。とはいえ、効果の独創性自体は健在であり、むしろカードパワーの調整が図られたことで趣深いコンボ系カードに生まれ変わったと言えるのかもしれません。

 

【当時の環境 2001年12月28日】

 「処刑人-マキュラ」と「現世と冥界の逆転(エラッタ前)」という凶悪カードが立て続けに現れ、【現世と冥界の逆転】として環境の一角に躍り出ました。上述の通り先攻1キルデッキであり、暗黒期指定がふさわしい存在です。

 これにより当時の遊戯王OCGは【八汰ロック】【宝札エクゾディア】【宝札ビッグバン】【ラストバトル!】【現世と冥界の逆転】の5デッキに支配される格好となり、それぞれがお互いを食い合う壮絶な環境が訪れています。とはいえ、整理して考えれば【八汰ロック】か【先攻1キル】のどちらかという状況であり、事実上は2強環境と言えないこともありません。

 【八汰ロック】側は後攻時の場合、【先攻1キル】側の先攻1キルに対処できず、不利となります。失敗するケースもあるため全く勝てないわけではありませんが、勝因はほぼ相手の事故によるところとなるでしょう。

 ただし、【先攻1キル】側も後攻時はハンデスやカウンターなどで妨害を受けることになる都合上、先攻時と比べて勝利までのハードルが上がってしまうことは否めません。どちらのデッキもジャンケンの勝ち負けで大きく勝率が変化してしまうため、総合的には痛み分けという状況です。

 よって、最終的な評価項目はデッキの安定性に行き着く形となりますが、その領分においては【グッドスタッフ】を下敷きとする【八汰ロック】が大きくリードしています。つまり総合力ではやはり【八汰ロック】が最も強く、環境の勢力図もそれほど大きくは動いていません。

 結論としましては、【現世と冥界の逆転】参戦の影響は【八汰ロック】の牙城を打ち崩すほどではなかったという印象です。もちろん、【現世と冥界の逆転】が脅威にならなかったわけではありませんが、デッキパーツが揃い切っていなかった都合もあり、この時点では他の先攻1キルデッキに埋もれている状況だったと言えるでしょう。

 いずれにしても末期的な環境が訪れていることには変わりなく、当時の遊戯王OCGは否定の余地すらない暗黒時代へと突入していきました。

 

【まとめ】

 2001年12月中の出来事については以上です。もはや語る口もないような惨状であり、カードゲームとしての健全な姿は完全に喪失してしまっていると言うほかありません。

 また、遊戯王OCGにおける2001年代の出来事はこれが最後となります。前年と違い、まともなゲームが成り立たないほどの無茶苦茶な環境が到来しており、【エクゾディア】(第1期)全盛期に匹敵する地獄絵図が広がっていました。

 ここまで目を通していただき、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク