遊戯王と禁止カードの歴史 環境を破壊した凶悪カードまとめ

2018年11月24日

【前書き】

 遊戯王OCGには禁止カードと呼ばれるカード群が存在します。

 このページを見に来られるような方には説明不要と思われますが、一応説明すると文字通り「ゲームでは使用できないカード」のことを指す用語です。全てが固定というわけではなく、特定の時代に猛威を振るったために一時的に禁止カードに指定されていたカードや、時期によってリストを行き来している流動的な問題児もいます。

 もちろん、禁止カード指定を受けてから今なおその位置にとどまり続けている永久禁止カードも少なくありません。中には今後絶対に現役復帰しないレベルの極悪カードも多々見られ、カードゲームのバランス調整がいかに困難であるかを物語っています。

 このページは、そんな禁止カードの大まかな歴史についての一覧です。カード1枚ごとの解説に関してはリンク先の個別記事をご参照ください。

 

第1期 ゲーム黎明期の遺産

ブラック・ホール  2004/92005/9
2006/32010/9
【第1期の歴史1 伝説の始まり】
 サンダー・ボルト 2004/3~2019/4
【第1期の歴史2 ブルーアイズとサンボルを持っているプレイヤーが勝つゲーム】
【生け贄無し最上級】のデッキレシピ
【禁止カードは本当に強いのか? 遊戯王初期の壊れカードを辛口評価】
死者蘇生 2004/92008/3
2009/92010/9
【第1期の歴史3 遊戯王初期ルールの滅茶苦茶バランス 高攻撃力至上主義の札遊び】
強欲な壺 2006/3~現在
【最強の禁止カード「強欲な壺」を無理やり弱く評価してみる】
死のデッキ破壊ウイルス(エラッタ前) 2009/9~2015/1
※エラッタにより消滅
【第1期の歴史8 ゲーム同梱ランダム収録 なかなか手に入らない超レアカード】
ハーピィの羽根帚 2004/3~2015/1
※上記リンク参照
血の代償 2014/4~現在
【第1期の歴史9 血の代償騒動 上級モンスターを生け贄なしで召喚】
聖なる魔術師 2007/32007/9
2008/3~2016/10
【第1期の歴史10 デーモンの召喚 上級打点の革命】
天使の施し 2004/92005/3
2005/92006/3
2007/3~現在
【第1期の歴史13 遊戯王のインフレは1999年から始まっていた】
心変わり 2004/32004/9
2005/3~現在
【第1期の歴史14 心変わりと死者への手向けが同格扱いだった頃】
クリッター(Vol.6) 2000/4~
※エラッタにより消滅(一度目)
クリッター(エラッタ前) 2004/92005/3
2013/3~2016/4

※エラッタにより消滅(二度目)
【第1期の歴史16 エラッタ前クリッターの狂気 最初期の【エクゾディア】地獄】
黒き森のウィッチ(Vol.6) 2000/4~
※エラッタにより消滅(一度目)
黒き森のウィッチ(エラッタ前) 2004/9~2017/4
※エラッタにより消滅(二度目)
※上記リンク参照
キャノン・ソルジャー 2018/7~現在
【キャノンソルジャーが禁止カードになった理由】
デビル・フランケン 2007/32014/2
【第1期の歴史17 初期の融合モンスター 「デッキが組めない」からファンデッキに至るまで】
【第2期の歴史10 デビフラ1キル 原初の後攻1キルデッキ】
【第2期の歴史11 5日で消えたデビフラ1キル セミの一生】
遺言状 2007/3~現在
遺言状(エラッタ前) 2000年上半期?
※エラッタにより消滅。正確な時期は不明。
【第1期の歴史19 遺言状エクゾと無限射出バーン 遊戯王最初の「ワンキル」の概念】
聖なるバリア -ミラーフォース- 2004/92005/3
2005/92006/3
【第1期の歴史21 止まらないエクゾディア ミラフォが見向きもされない環境】
大嵐 2010/92011/9
2015/1~現在
【第1期の歴史22 暴走するエクゾディア 果てしないソリティア・ゲーム】

 

第2期 開発側の試行錯誤あるいは迷走

押収 2005/32005/9
2007/9~現在
【第2期の歴史2 ハンデス三種の神器 手札破壊地獄の環境】
【ハンデス三種の神器】のデッキレシピ
いたずら好きな双子悪魔 2004/32005/3
2005/9~現在
※上記リンク参照
強引な番兵 2005/3~現在
※上記リンク参照
苦渋の選択 2004/32004/9
2005/3~現在
【第2期の歴史3 苦渋の選択 禁止カード大量発生事件】
【第2期の歴史16 苦渋エクゾディア襲来 補充要員エクゾパーツに】
【苦渋エクゾディア】(第2期)のデッキレシピ
強奪 2006/92007/3
2007/9~現在
※上記リンク参照
ハリケーン 2011/9~現在
※上記リンク参照
サイバーポッド 2004/32004/9
2006/3~現在
【第2期の歴史8 サイバーポッド 意味不明の永久禁止カード】
【デッキ破壊】(第2期)の歴史・デッキレシピ
【デッキ破壊1キル】(第3期~第4期)の歴史・デッキレシピ
キラー・スネーク(エラッタ前) 2005/9~2015/1
※エラッタにより消滅
【キラー・スネーク全盛期の歴史 禁止カードになるまでの道のり】
【第2期の歴史12 世界を制したキャノンバーン 初代アジアチャンピオンシップ優勝】
【キャノンバーン】のデッキレシピ
刻の封印 2006/3~現在
【刻の封印が禁止カードからいまだに動かない理由とは】
リビングデッドの呼び声 2008/32009/9
【第2期の歴史14 サイコショッカーが最強だった時代 リビデショッカーの脅威】
王宮の勅命(エラッタ前) 2004/3~2017/1
※エラッタにより消滅
※上記リンク参照
早すぎた埋葬 2008/9~現在
※上記リンク参照
破壊輪(エラッタ前) 2005/92006/9
2007/9~2015/1
※エラッタにより消滅
【第2期の歴史19 三幻神降臨 バージョン別商法と捨てられた良心】
サウザンド・アイズ・サクリファイス 2006/9~2016/4
【第2期の歴史21 サウザンド・アイズ・サクリファイス現る 禁止歴9年の貫禄】
【第4期の歴史16 【変異カオス】の台頭 2005年環境のトップメタ】
大寒波 2011/3~現在
【雑貨貪欲ターボ】(第4期)のデッキレシピ
団結の力 2004/92005/3
【マハー・ヴァイロ】(第2期)のデッキレシピ
生還の宝札 2009/9~現在
【第2期の歴史28 生還の宝札 無限ドローとエクゾディアの蜜月関係】
【宝札エクゾディア】のデッキレシピ
【宝札ビッグバン】のデッキレシピ
【第3期の歴史26 暗黒のマンティコアと無限ループコンボ エクゾディアまたも復活】
アマゾネスの射手 2018/10~現在
【キャノンソルジャーが禁止カードになった理由】
八汰烏 2004/3~現在
【第2期の歴史36 暗黒期到来 八汰烏の脅威と【グッドスタッフ】の最期】
【八汰ロック(ヤタロック)】(第2期~第3期)の歴史・デッキレシピまとめ
ラストバトル! 2006/3~現在
【第2期の歴史37 【ラストバトル!】の成立 はびこる先攻1キル】
【ラストバトル!】の歴史・デッキレシピまとめ
ファイバーポッド 2004/32004/9
2005/3~現在
【第2期の歴史38 ファイバーポッド 狂気のリセット効果】
王宮の弾圧 2011/9~現在
※上記リンク参照
お注射天使リリー 2004/32004/9
※上記リンク参照
王家の神殿(エラッタ前) 2006/9~2015/1
※エラッタにより消滅
※下記リンク参照
処刑人-マキュラ(エラッタ前) 2005/3~2020/4
※エラッタにより消滅
【第2期の歴史39 処刑人マキュラ 環境を荒廃させた遊戯王史上最悪のカード】
現世と冥界の逆転(エラッタ前) 2006/3~2015/1
※エラッタにより消滅
【現世と冥界の逆転】の歴史・時代ごとのデッキレシピまとめ
悪夢の蜃気楼 2005/3~現在
【第2期の歴史43 悪夢の蜃気楼 全てのデッキが4ドローを標準搭載する末期世界】
ダスト・シュート 2012/3~現在
【第5期の歴史4 E・HERO エアーマン誕生 トップデッキ【エアブレード】の台頭】
トゥーン・キャノン・ソルジャー 2018/7~現在
【キャノンソルジャーが禁止カードになった理由】
【第2期の歴史7 遊戯王最弱テーマ【トゥーン】誕生 「デッキとして成立しない」の衝撃】

 

第3期 暗黒と混沌の時代

突然変異 2007/9~現在
【第10期現在でも「突然変異」が禁止カードから緩和されない理由とは】
魔導戦士 ブレイカー 2007/32007/9
2008/32008/9
【第3期の歴史7 魔導戦士ブレイカー 遊戯王前半期最強の下級アタッカー】
魔導サイエンティスト 2005/3~現在
【第3期の歴史8 魔導サイエンティスト 1枚で環境を壊したカード】
【サイエンカタパ】(第3期~第4期)の歴史・時代ごとのデッキレシピまとめ
【第3期の歴史30 モンスターゲートの誕生 【サイエンカタパ】完成体へ】
【第3期の歴史39 「魔法石の採掘」制限時代 規制歴9年の凶悪カード(微嘘)】
【第4期の歴史7 「連続魔法」誕生 ワンキルコンボに悪用され放題だった時代】
【第4期の歴史15 制限改訂2005/3/1 【サイエンカタパ】の最期と【スタンダード】の衰退】
同族感染ウィルス 2006/3~2017/10
【第3期の歴史9 同族感染ウィルス 禁止歴11年の「元」壊れカード】
マスドライバー 2011/3~現在
【第6期の歴史32 イレカエル×粋カエルの禁止コンボ 【ガエル】系デッキの環境入り】
蝶の短剣-エルマ 2005/3~現在
【第3期の歴史13 蝶の短剣エルマ 遊戯王史上初の無限ループ】
【エルマ1キル】のデッキレシピ
月読命 2006/92012/9
【第3期の歴史18 月読命ラインの形成 遊戯王前半期の殿堂入りカード】
混沌帝龍 -終焉の使者-(エラッタ前) 2004/9~2015/1
※エラッタにより消滅
【第3期の歴史20 【カオス】の降臨 遊戯王の終わりの始まり】
【カオス】(第3期)の歴史・時代ごとのデッキレシピまとめ
カオス・ソルジャー -開闢の使者- 2005/92011/9
※上記リンク参照
カオス・ソーサラー 2006/92009/3
【第5期の歴史7 制限改訂2006/9/1 カオスソーサラー禁止カード化 【カオス】完全崩壊】
ヴィクトリー・ドラゴン 2006/32006/9
2007/3~現在
【第3期の歴史23 ヴィクトリー・ドラゴン誕生 遊戯王最大の過ち】
【第4期の歴史23 マッチキル【MCV】の脅威とは 実は脆すぎる事故デッキ】
【MCV】の回し方・デッキレシピ
混沌の黒魔術師(エラッタ前) 2008/9~2015/4
※エラッタにより消滅
【第3期の歴史25 永久禁止カード「混沌の黒魔術師」【混黒ループ】系デッキの脅威】
次元融合 2008/9~現在
【第5期の歴史4 E・HERO エアーマン誕生 トップデッキ【エアブレード】の台頭】
第六感 2005/3~現在
【第3期の歴史28 第六感 遊戯王最凶格の壊れカード】

 

第4期 心なし落ち着いてきた頃

異次元からの帰還 2014/2~現在
【第4期の歴史8 異次元からの帰還 遊戯王最強格の帰還カード】
レスキューキャット(エラッタ前) 2010/9~2017/1
※エラッタにより消滅
【第6期の歴史3 レスキューキャット(エラッタ前) シンクロ全盛期の引き金】
【レスキューシンクロ】の歴史・時代ごとのデッキレシピまとめ
洗脳-ブレインコントロール(エラッタ前) 2010/9~2017/1
※エラッタにより消滅
【第4期の歴史14 洗脳-ブレインコントロール(エラッタ前) 禁止級と言われた時代】
マジカル・エクスプロージョン 2018/7~現在
【第5期の歴史33 【ドグマブレード】全盛期 成功率8割超えの先攻1キルデッキ】
【ドグマブレード】の回し方・デッキレシピまとめ
神剣-フェニックスブレード 2019/1~現在
【神剣-フェニックスブレードが禁止カードになった理由】
【第5期の歴史4 E・HERO エアーマン誕生 トップデッキ【エアブレード】の台頭】
ダンディライオン 2019/1~現在
【第4期の歴史25 ダンディライオン激動の生涯 生け贄、シンクロ、リンクまで】
ライフチェンジャー 2016/4~現在
【ライフチェンジャーが禁止カードになった理由】

 

第5期 むしろ制限カードが恐ろしい時代

未来融合-フューチャー・フュージョン(エラッタ前) 2012/9~2017/1
※エラッタにより消滅
【第5期の歴史1 【未来オーバー】全盛期 第5期初頭環境の後攻1キルデッキ】
【未来オーバー】の歴史・時代ごとのデッキレシピまとめ
D-HERO ディスクガイ(エラッタ前) 2008/9~2018/4
※エラッタにより消滅
【第5期の歴史21 エラッタ前ディスクガイの狂気 永久禁止カードと呼ばれた理由】
メガキャノン・ソルジャー 2018/10~現在
【キャノンソルジャーが禁止カードになった理由】
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン(エラッタ前) 2019/4~2020/4
※エラッタにより消滅
※元々パワーカードだったが、【ガンドラ1キル】での濫用が決定打となった。
イレカエル 2010/9~現在
【第6期の歴史32 イレカエル×粋カエルの禁止コンボ 【ガエル】系デッキの環境入り】

 

第6期 はじめての新召喚法実装 シンクロ暴走期

氷結界の龍 ブリューナク(エラッタ前) 2012/9~2017/1
※エラッタにより消滅
【第6期の歴史2 氷結界の龍ブリューナク参戦 エラッタ前のバウンス地獄】
ゴヨウ・ガーディアン(エラッタ前) 2011/3~2017/1
※エラッタにより消滅
【第6期の歴史5 ゴヨウ・ガーディアン全盛期 エラッタ前は禁止級の性能?】
メンタルマスター 2011/9~現在
※「ガスタの静寂 カーム」を絡めた無限ドローが問題となった。
ダーク・ダイブ・ボンバー(エラッタ前) 2009/9~2014/4
※エラッタにより消滅
【第6期の歴史13 ダーク・ダイブ・ボンバー全盛期伝説 最速禁止入りの極悪シンクロ】
フェニキシアン・クラスター・アマリリス 2018/4~現在
※【植物リンク】の先攻1キルパーツとして濫用されていた。
エンシェント・フェアリー・ドラゴン 2018/1~現在
【エンシェントフェアリードラゴンが禁止カードになった理由】
フィッシュボーグ-ガンナー 2011/9~現在
【第7期の歴史14 【超古深海王シーラカンス】が極悪マッチキルデッキだった時代】
儀式魔人リリーサー 2020/4~現在
【儀式魔人リリーサーが禁止カードになった理由】
レベル・スティーラー 2016/10~現在
※元々強力なシンクロサポートだったが、【シンクロダーク】での濫用が決定打となった。
The tyrant NEPTUNE 2017/4~現在
※「LL-インディペンデント・ナイチンゲール」との凶悪なシナジーが問題を引き起こすと判断された。
氷結界の龍 トリシューラ 2012/32013/9
【第6期の歴史30 氷結界の龍トリシューラ無制限時代 禁止カード経験持ちの極悪シンクロ】
スポーア 2012/32012/9
※「グローアップ・バルブ」とともに【植物シンクロ】ギミックの中核を担っていた。

 

第7期 反動で大人しくなった時代

グローアップ・バルブ 2012/3~2015/10
2019/1~現在
【第7期の歴史3 グローアップ・バルブ誕生 【植物シンクロ】出張ギミックの流行】
ゼンマイハンター 2014/4~現在
【第7期の歴史24 【ゼンマイハンデス】全盛期到来 先攻全ハンデスの恐怖】
No.16 色の支配者ショック・ルーラー 2016/1~現在
※元々制圧モンスターとして猛威を振るっていたが、【EMEm】での濫用が決定打となった。
ラヴァルバル・チェイン 2016/4~現在
【第7期の歴史21 ラヴァルバル・チェインがみんなのアイドル(値段的に)だった頃】
発条空母ゼンマイティ 2013/3~2014/4
【第8期の歴史8 ゼンマイシャーク来日 【ゼンマイ】が壊れテーマと化した瞬間】
エクリプス・ワイバーン 2019/10~現在
※元々【ドラゴン族】の優良サポート扱いだったが、【ドラゴンリンク】での濫用が決定打となった。
M.X-セイバー インヴォーカー 2019/1~現在
※元々優秀なカードだったが、【剛鬼】の展開の要として濫用されたことが決定打となった。

 

第8期 征竜魔導

2013/9
・2013/11(※リストの変更なし)
2014/2
地征竜-リアクタン 2013/9~2015/4
※「焔征竜-ブラスター」の項目参照
水征竜-ストリーム 2013/9~2015/4
※「焔征竜-ブラスター」の項目参照
魔導書の神判 2013/9~現在
【第8期の歴史16 「魔導書の神判」降臨 頭のおかしいぶっ壊れカード】
【第8期の歴史19 【青眼】ストラクの悲劇 【征竜魔導】の養分に】
焔征竜-ブラスター 2015/4~現在
【第8期の歴史15 【征竜】全盛期 子征竜時代の無法地帯】
【第8期の歴史18 【征竜魔導】環境の幕開け 2013年の暗黒期】
【第8期の歴史21 そして【征竜】1強環境へ 親征竜3積み時代の始まり】
巌征竜-レドックス 2015/4~現在
※上記リンク参照
瀑征竜-タイダル 2015/4~現在
※上記リンク参照
嵐征竜-テンペスト 2015/4~2018/10
※上記リンク参照
炎征竜-バーナー 2013/9~2015/4
※上記リンク参照
風征竜-ライトニング 2013/9~2015/4
※上記リンク参照

 

第9期 禁止前提でカードを刷り始めた頃

・2014/4
・2014/7
・2014/10
・2015/1
・2015/4
・2015/7(※リストの変更なし)
・2015/10
・2016/1
・2016/4
・2016/7
・2016/10
・2017/1
エルシャドール・ネフィリム 2015/4~2018/4
※【シャドール】全盛期の融合地獄の一端を担っていた。
ソウル・チャージ 2019/10~現在
※元々パワーカードだったが、いわゆる制圧盤面を手軽に生成できるカードとして濫用されていたことが決定打となった。
【第9期の歴史6 ソウルチャージがほぼ全てのデッキに2~3枚積まれる世紀末環境】
BF-隠れ蓑のスチーム 2019/1~現在
※元々パワーカードだったが、「水晶機巧-ハリファイバー」との強烈なシナジーが決定打となった。
旧神ノーデン 2015/10~現在
※「簡易融合」から簡単に呼び出せることが多くの問題を引き起こしていた。
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン 2019/1~現在
※元々強力な【ドラゴン族】サポートだったが、「嵐征竜-テンペスト」が復帰したせいでおかしくなってしまった。
星守の騎士 プトレマイオス 2015/10~現在
※「プトレノヴァインフィニティ」の呪文により一時代を築いた。
Emダメージ・ジャグラー 2016/1~2018/10
※【EMEm】のキーカードでありながら【EMEm】の疑似メタカードとしても濫用されていた。
Emヒグルミ 2016/1~現在
※ターン1制限をつける部分を間違ったせいで理不尽な大量展開カードになってしまった。
マジェスペクター・ユニコーン 2017/1~現在
※【ペンデュラム召喚】系列のデッキでは手軽に出すことができ、なおかつ場持ちに優れた妨害持ちとして濫用されていた。
外神アザトート 2020/1~現在
※先攻展開の初動に立てることで大半の手札誘発を無力化することができ、結果的に先攻有利のバランスを助長していた。また、「RUM-幻影騎士団ラウンチ」との出張により相手ターンにこれを展開する動きも問題を引き起こしていた。
EMモンキーボード 2016/4~現在
※【EMEm】のエンジンとしてはもちろん、根本的にカードパワーが高すぎたせいで出張セットとしても環境を荒らし回っていた。
BF-朧影のゴウフウ 2018/4~現在
※根本的に【リンク召喚】という召喚法とのシナジーが凶悪すぎた。
破滅竜ガンドラX 2019/7~現在
※先攻1キルデッキ【ガンドラ1キル】のキーカードとして濫用されていた。
十二獣の会局 2017/4~2019/10
※【十二獣】のキーカードとしてはもちろん、何よりも圧倒的な出張適性の高さによって環境の固定化を招いていた。
十二獣ドランシア 2017/4~2020/1
※上記と同様。
十二獣ブルホーン 2017/7~現在
※上記と同様。
真竜剣皇マスターP 2017/10~現在
※高耐性かつフリーチェーンの万能除去持ちとシンプルに強すぎるカードだった。
ドラゴニックD 2017/10~2019/10
※【真竜】のサポートとしてはもちろん、かつてはフィールド魔法のサーチが容易だったため、自分のカードをほぼ無条件で破壊しながら「真竜剣皇マスターP」をサーチできる出張系カードとして問題を引き起こしていた。

 

第10期 鬼が出るか蛇が出るか

・2017/4
・2017/7
・2017/10
・2018/1
・2018/4
・2018/7
・2018/10
・2019/1
・2019/4
・2019/7
・2019/10
・2020/1
ファイアウォール・ドラゴン 2019/1~現在
※アニメ出身カードでありながら数多くのループコンボに濫用されており、そのたびに周辺カードを犠牲にして規制を免れていたが、最終的にはその商業バリアすら貫通して禁止行きになってしまった。
サモン・ソーサレス 2018/10~現在
【サモンソーサレスが禁止カードになった理由】
トロイメア・ゴブリン 2019/1~現在
※手軽にエクストラデッキに置いておける「二重召喚」として多くの問題を引き起こしていた。
トロイメア・マーメイド 2019/7~現在
※実質「任意のモンスター2体」を各種トロイメアに変換できることも強力だったが、それ以上に「夢幻崩界イヴリース」との出張セットが問題を引き起こしていた。
トポロジック・ガンブラー・ドラゴン 2020/1~現在
【トポロジックガンブラードラゴンが禁止カードになった理由】
守護竜アガーペイン 2019/10~現在
※主に【ドラゴンリンク】の展開パーツとして濫用されていた。
守護竜エルピィ 2020/4~現在
※【ドラゴンリンク】への更なる圧力の一環として規制された。
星杯の神子イヴ 2020/4~現在
【星杯の神子イヴが禁止カードになった理由】
リンクロス 2020/7~現在
【リンクロスが禁止カードになった理由】

 

第11期 未知の世界

・2020/4
・2020/7

 

番外 禁止カード各種ランキングまとめ

 禁止カードの一覧については以上ですが、ここからは番外編として禁止カード絡みの各種データを部門ごとにランキング形式でまとめていきます。

 それぞれ1位~10位まで記載しています。

 

最速部門(禁止)

 カードの誕生から禁止入りまでの「早さ」を競う部門です。

 性質上、誕生直後から環境に多大な悪影響を及ぼしたカードが多く含まれます。

 

1位 EMモンキーボード 167日
Emヒグルミ
3位 炎征竜-バーナー 169日
風征竜-ライトニング
5位 リンクロス 172日
6位 十二獣の会局 175日
十二獣ドランシア
8位 魔導書の神判 197日
9位 地征竜-リアクタン 198日
水征竜-ストリーム
10位 星守の騎士 プトレマイオス 229日

 

最速部門(制限)

 カードの誕生から「制限」入りまでの早さを競う部門です。禁止部門とは若干毛色が異なりますが、禁止カード制度がまだ存在しなかった時代の制限カード指定は実質的に禁止カード指定と同等の規制であるため、例外的に取り上げています。

 なんと第9位までが30日代でランクインを果たしているなど、現在の価値観では信じがたいほどの短期間で規制が入っています。中には日付がマイナスになっている(一般販売前に規制されている)ものすらあり、遊戯王黎明期の制限改訂がいかに混沌としていたかが窺える記録です。

 

1位 魔法の筒(一般販売) -3日
2位 魔法の筒(会場限定) 23日
3位 リミッター解除 32日
4位 巨大化 33日
八汰烏
ファイバーポッド
7位 人造人間-サイコ・ショッカー 34日
カオスポッド
9位 団結の力 39日
10位 無謀な欲張り 41日
蝶の短剣-エルマ

 

最遅部門

 カードの誕生から禁止入りまでの「遅さ」を競う部門です。

 いわゆる「とばっちり規制」の被害者であることが多いですが、中にはぎりぎり禁止ラインを超えないカードパワーゆえに長らく制限に踏みとどまっていたカードなども含まれます。

 

1位 キャノン・ソルジャー 6800日
2位 アマゾネスの射手 6374日
3位 トゥーン・キャノン・ソルジャー 5946日
4位 神剣-フェニックスブレード 4948日
5位 マジカル・エクスプロージョン 4784日
6位 ダンディライオン 4763日
7位 レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン(エラッタ前) 4140日
8位 メガキャノン・ソルジャー 3965日
9位 儀式魔人リリーサー 3910日
10位 ライフチェンジャー 3697日

 

最長部門

 禁止カード指定期間の「長さ」を競う部門です。2回以上禁止行きになっている場合はその合計期間で計算しています。

 初期に禁止行きになっていたかどうかという点だけで順位がほぼ固定されているため、あえて記録にする意義が薄いランキングですが、参考までに掲載しています。

 

1位 八汰烏 5966日間~(※更新中)
2位 心変わり 5785日間~(※更新中)
苦渋の選択
ファイバーポッド
5位 いたずら好きな双子悪魔 5782日間~(※更新中)
6位 強引な番兵 5601日間~(※更新中)
悪夢の蜃気楼
魔導サイエンティスト
蝶の短剣-エルマ
第六感

 

最短部門

 禁止カード指定期間の「短さ」を競う部門です。2回以上禁止行きになっている場合はその合計期間で計算しています。

 いわゆる「制限以上禁止未満のカードパワー」を持つカードが多く含まれますが、中には入れ替わり規制やエラッタによって例外的に早期の復帰を果たしたカードも存在します。

 

1位 団結の力 181日間
2位 お注射天使リリー 184日間
スポーア
4位 聖なるバリア -ミラーフォース- 362日間
5位 レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン(エラッタ前) 366日間
6位 魔導戦士 ブレイカー 368日間
7位 発条空母ゼンマイティ 396日間
8位 リビングデッドの呼び声 549日間
氷結界の龍 トリシューラ
10位 地征竜-リアクタン 577日間
水征竜-ストリーム
炎征竜-バーナー
風征竜-ライトニング

 

最多部門

 一度の制限改訂で輩出した禁止カードの「枚数」を競う部門です。

 単純に枚数だけで危険度を判断できるわけではありませんが、ひとまず直前の環境がどれだけ荒れていたかの指標にはなります。

 

1位 2004年3月改訂(第3期) 10枚
2005年3月改訂(第4期)
3位 2004年9月改訂(第4期) 8枚
2006年3月改訂(第4期)
2019年1月改訂(第10期)
6位 2007年3月改訂(第5期) 6枚
7位 2006年9月改訂(第5期) 5枚
2013年3月改訂(第8期)
2015年4月改訂(第9期)
10位 2007年9月改訂(第5期) 4枚
2008年9月改訂(第6期)
2009年9月改訂(第6期)
2010年9月改訂(第7期)
2011年9月改訂(第7期)
2012年3月改訂(第7期)

 

脱獄部門(長)

 一度禁止カードから復帰した後に再び禁止カードに逆戻りするまでの逃亡期間の「長さ」を競う部門です。複数回脱獄している場合はそれぞれの記録をカウントしています。

 釈放から1000日以上経過している場合は環境の変化によって再指名手配がかかった形であるため、どちらかというと不可抗力的な面もありますが、順位が下がるにつれて様子がおかしくなっています。

 

1位 クリッター(エラッタ前) 2922日間
2位 大嵐 1218日間
3位 グローアップ・バルブ 1188日間
4位 押収 730日間
5位 死者蘇生 549日間
6位 サイバーポッド 546日間
7位 破壊輪(エラッタ前) 365日間
天使の施し(2回目)
9位 天使の施し(1回目) 184日間
聖なるバリア -ミラーフォース-
いたずら好きな双子悪魔
強奪

 

脱獄部門(短)

 一度禁止カードから復帰した後に再び禁止カードに逆戻りするまでの逃亡期間の「短さ」を競う部門です。複数回脱獄している場合はそれぞれの記録をカウントしています。

 遊戯王初期の改訂では禁止カードの入れ替わりが今よりも遥かに激しかったため、日数的にはほぼ同着に近いランキングに固まっています。

 

1位 心変わり 181日間
苦渋の選択
ファイバーポッド
ブラック・ホール
ヴィクトリー・ドラゴン
6位 聖なる魔術師 182日間
魔導戦士 ブレイカー
8位 天使の施し(1回目) 184日間
聖なるバリア -ミラーフォース-
いたずら好きな双子悪魔
強奪

 

最強部門(当社比)

 禁止カードとしての「凶悪さ」を競う部門です。

 性質上、順位結果に個人的な主観が含まれることをあらかじめご了承ください。

 

1位 ヴィクトリー・ドラゴン
※最悪ゲームから徹底的に永遠に除去
2位 強欲な壺
※存在そのものが間違い
3位 苦渋の選択
※理解を超越したパワー
4位 魔導サイエンティスト
※究極に気が狂っている
5位 遺言状
※根本的に壊れカード
6位 天使の施し
※ドローソースに似ている物質
7位 次元融合
※なぜかサーチしたりコピーしたりできる大量帰還カード
8位 第六感
※ばか
9位 強引な番兵
※頭で理解できるレベルの凶悪さ
10位 大寒波
※除去できない「ナチュル・エクストリオ」をポンと置けるカード

 

最弱部門(当社比)

 禁止カードとしての「弱さ」を競う部門です。

 性質上、順位結果に個人的な主観が含まれることをあらかじめご了承ください。

 

1位 ライフチェンジャー
※使うことすら困難
2位 The tyrant NEPTUNE
※純粋に弱い
3位 マスドライバー
※最弱の射出台
4位 メガキャノン・ソルジャー
※とばっちりのとばっちり
5位 突然変異
※腐る
6位 刻の封印
※見掛け倒し
7位 蝶の短剣-エルマ
※見掛け倒しその2
8位 アマゾネスの射手
※射出台の中では扱いやすい部類
9位 フェニキシアン・クラスター・アマリリス
※頑張れば普通に使えなくはないかもしれない
10位 キャノン・ソルジャー
※射出台としては最強格だが……。

 

【まとめ】

 禁止カードについては以上です。

 総数としては第2期が29枚と飛び抜けて多く、その前世代の第1期の17枚も当時のカードプール総数を考慮すれば相当です。この辺りは遊戯王OCGの開発も試行錯誤の段階を脱しておらず、バランス調整の失敗はやむを得ない部分もありました。

 しかし、第3期になると【カオス】を筆頭に「露骨に強すぎるパワーカード」が印刷されるケースが増え始めるなど、カードゲームとしては危険な兆候も見られます。その結果、第4期~第5期では自重したデザインがなされることとなり、一見して分かるほどオーバーパワーなカード(※)は数を減らしていきました。

(※その分、ぎりぎり制限に踏みとどまるレベルのパワーカードも増えましたが……)

 一方、第6期に入ってシンクロ召喚が実装されると、これまでのノウハウを活かせなくなったからか調整ミス気味に強いカードが多数現れることになります。しかし、逆に時代が進んでから禁止指定を受けたカードも多く、ある意味では不可抗力的な禁止措置とも言えるでしょう。

 第8期はかの「征竜魔導」の時代であり、禁止入りメンバーもそれらが全てです。というより、第8期出身カードの多くは征竜魔導と第9期のインフレの板挟みになっていたため、禁止指定にまで行くような者は現れなかったという方が正確かもしれません。

 そしてインフレの象徴である第9期では18枚もの禁止カードが現れており、これは暗黒期と言われる第3期を上回る数値です。なおかつ、今後もカードプール次第ではメンバーが増加する可能性もあり、遊戯王OCGでも最も恐ろしい時代の一つに数えることに不足はありません。

 続く第10期現在でもその傾向はあまり変わっておらず、むしろより一層強まっている部分もあります。現時点では禁止カード入りを果たしたのは9枚と少なめですが、この先の禁止指定がほぼ確定しているカードも少なくなく、恐らくは第11期にまで影響が波及するのではないかというのが個人的な推測です。

 ここまで目を通していただき、ありがとうございます。

 

著者情報:遊史

Posted by 遊史