魔法石の採掘 【サイエンカタパ】の心の友

2018年4月26日

スポンサーリンク

【前書き】

 【第3期の歴史38 八汰烏の骸とヂェミナイデビル 1年後2年後のメタカード】の続きになります。ご注意ください。

 「PREMIUM PACK 6」から「マシュマロン」という有力な新人が誕生し、当時の環境においても即戦力として頭角を現していきました。

 「マシュマロン」以外にも優秀なカードは多く、いずれも将来的に活躍の機会が訪れる存在となっています。とりわけ「八汰烏の骸」は【変異カオス】時代に躍進を遂げ、一時とはいえ環境有数の主力カードとして活躍することになるほどです。

 第3期も終盤を迎えつつある遊戯王OCGでしたが、非常に悪いことに、最後の最後でとんでもない爆弾を落としていったことには触れておかなければなりません。

 

【マリクストラク 1000円で買える魔法石の採掘】

 2004年3月25日、「STRUCTURE DECK-マリク編-」が販売されました。収録カード55種類、うち2種類が新規カードとなっており、遊戯王OCG全体のカードプールは1810種類に増加しています。

 (見出しには1000円で買えるとありますが、正確な価格は当時の消費税込みで1260円となります)

 キャラクターストラクの例に漏れずデッキとしては紙束同然ですが、カード収集のための商品として見ればまずまずの品揃えです。もちろん、再録カードだけでなく新規カードも魅力的な内容であることは言うまでもありません。

 その片割れとなる「邪神の大災害」は発動条件こそ厳しいものの「大嵐」と同等の魔法罠除去効果を備えており、時期によって時折姿を見かけるようになっていきます。プレイング面に与えた影響も大きく、このカードの存在により「魔法・罠カードのセットはメイン2に行う」というセオリーが生まれたほどです。

 しかしながら、やはり当ストラクの真の目玉カードはもう片方の新規カードにあったと言うべきでしょう。

魔法石の採掘 悪用前提の魔法サルベージ

 その正体は、「魔法石の採掘」という1枚の魔法カードでした。

手札を2枚捨て、自分の墓地の魔法カード1枚を選択して発動する。選択したカードを手札に加える。

 任意の魔法カードを手札に回収するという非常に強力な効果を持つカードです。ただし、発動コストとして手札2枚を捨てることを要求されるため、アドバンテージ面では都合3:1交換となります。

 つまり撃つだけで2枚分のディスアドバンテージを負ってしまうということであり、まず普通のデッキで使いこなせるようなカードではありません。類似カードの「魔法再生」と比べれば多少は扱いやすくなっていますが、失ってしまうアドバンテージの数自体は変わらず、汎用性の低さについても同様でしょう。

 そもそも魔法カードを回収したいのであれば「混沌の黒魔術師(エラッタ前)」や「聖なる魔術師」を使えば済む話です。そちらと比べて「魔法石の採掘」にはタイムラグが発生しないという利点はありますが、流石にそれだけのために手札コスト2枚を捻出するというのは効率が悪すぎると言うほかありません。

 しかし、この「タイムラグが発生しない」という利点が唯一無二のものであることは事実です。ディスアドバンテージさえ気にしないのであれば上記2枚以上に取り回しに優れたカードであり、とにかく速度を追求するコンボデッキ、特に先攻1キル系のデッキを主戦場に暴れ始めることになります。

 第3期当時においては、主に【サイエンカタパ】のキーカードとして猛威を振るっていた存在です。

 コンボさえ決まれば勝てるデッキである以上、基本的にディスアドバンテージを気にする必要はありません。純粋に「名推理」「モンスターゲート」「遺言状」などを再利用するカードとして扱えるため、コンボ成功率を大きく上げることに繋がります。

 さらには手札コストを逆手に取り、「処刑人-マキュラ」を墓地に送る手段として活用することもできるでしょう。もちろん、「魔導サイエンティスト」などを捨てて蘇生する動きも重要です。

 性質上、複数枚引いた時に腐ってしまうという弱みもありますが、その場合は「魔法石の採掘」自体を捨てて有効牌に変換してしまうこともできます。総じて「いつ何枚引いても強いコンボパーツ」であり、【サイエンカタパ】では3積み確定の重要カードとして必須枠を埋めていくことになりました。

 他方では、「深淵の暗殺者」と組み合わせて【深淵1キル】成立のきっかけにもなっています。

 無限ループによる即死コンボを搭載したビート・コントロールデッキであり、当時の環境においても主流デッキの一角として存在感を示しています。コンボ成功率そのものは【サイエンカタパ】はおろか【宝札マンティコア】などにも遠く及びませんが、純粋にデッキの地力が高く、コンボ無しでも安定して戦える強みがありました。

 このように誕生当時から悪用されていた「魔法石の採掘」でしたが、後世でも【MCV】【雑貨貪欲ターボ】などでキーカードを務めていたため、第4期終盤の制限改訂で制限カード指定を受けることになります。

 現在ではカードプールの変化から無制限カードに制限解除されていますが、それでも遊戯王前半期の混迷を象徴するカードの1枚として数えることに不足はないのではないでしょうか。

 

【当時の環境 2004年3月25日】

 「魔法石の採掘」の誕生によって【サイエンカタパ】を筆頭にコンボデッキが大きく強化され、当時の環境は一瞬でコンボ色に染まっていくことになりました。

 【深淵1キル】というビート・コントロールデッキに加え、「サイバーポッド」の禁止カード化で消えたはずの【デッキ破壊1キル】も復権しています。流石にプレイングはシビアなものが要求されますが、「魔法石の採掘」を駆使すれば先攻1キルを成功させることも決して不可能な話ではありません。

 ここでは詳しくは語りませんが、お互いにデッキ0枚で迎える後攻1ターン目に戦慄した経験を持つプレイヤーも少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

 とはいえ、コンボデッキ部門では【サイエンカタパ】の一人勝ちという印象は強く、メタゲームもそれを前提に動いている形でした。

 ビートダウン界隈に関しては【カオス】【ノーカオス】【次元斬】に対して【ミーネ・ウイルス】が勢力を拡大してきており、次第に「ウイルス地獄」とも言える環境が広がっていっています。

 時間が経つにつれて「死のデッキ破壊ウイルス(エラッタ前)」の効果範囲に入るか否かの「1500ライン」が重視されるようになり、低ステータスのモンスターを多めにデッキに取っておくなどの対応が行われるようになりました。

 一方で、全体的に罠カードの採用率が上がってきた影響で【ジャマキャン】が苦しい立場に追い込まれています。これまでのように「神の宣告」だけでは相手の行動を捌き切れなくなり、デッキコンセプトを維持することが難しくなっていきました。

 「盗賊の七つ道具」などを追加投入する動きもありましたが、根本的な部分で環境に付いていけていない印象は拭えず、緩やかに衰退の時期を迎えつつあったのではないでしょうか。

 

【まとめ】

 「魔法石の採掘」の参戦によって起こった出来事は以上となります。

 普通のデッキに入る汎用性はないものの、コンボデッキにとっては魂のカードとも言える存在であり、実際に環境での活躍も多かった実戦級カードです。主戦場は第4期でしたが、それ以降の環境においても時折思い出すように環境に浮上し、様々なコンボデッキに採用された実績を持つ偉大な存在と言えるでしょう。

 そして、遊戯王OCGの第3期の歴史はここまでで以上となります。厳密には同年4月にVジャンプ付録から新規カードが1枚現れています(全1811種)が、それ以外には特に目立った出来事も起こっていません。

 むしろ丁度この時期に原作漫画が完結を迎えていたということもあり、この時をもって一つの時代の節目とすることに違和感はないのではないでしょうか。

 長時間記事にお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

 

スポンサーリンク